ぶっちゃけ通販アーカイブス

懐かしの通販商品の覚書と、「あの広告どうなの?」の裏側をぶっちゃけていくブログ

なんとあの進研ゼミ慢が実写化!?

2016セ?ミ慢.jpg
いつも素敵な漫画を届けてくれる進研ゼミ(ベネッセホールディングス)、たゆまぬ企業努力をありがとうございます。

今年2016年度は、なんと、あのゼミ漫画ついに実写化!という速報を聞き、早速拝見してまいりました。

 

見てみてガッカリ
なんだ〜ただのKANA-BOONのPVじゃないかあ!!

KANA-BOONのPV見た事ある人ならわかるけれど、これホントにただのPV
青春っぽいストーリーといい、端々にKANABOONたちが出ている感じといい、ラストのオフレコっぽいおまけ映像といい
どう見てもゼミ慢の実写化<カナボオォン押しじゃんか

ってか公式ホームページにも、ミュージックビデオとコラボってハッキリ書いてあった。。。
2016セ?ミ慢2.jpg

私の希望としては(そんなの誰も聞いてないって?)無理ない範囲で古賀さんが軽音部先輩として登場して進研ゼミプラスの解説したり、無理ない範囲で歌の中に「ゴールから逆算して成功を目指す」みたいなコピー的歌詞入れたり、むしろ谷口が幼馴染として登場して可愛い彼女に進研ゼミ紹介されたり、バンドグループカットの背景が思っ切りベネッセ広告看板であるとか、もう思い切って4人で体育館ステージで教材解説をめくりでやっちゃってるとか
それぐらいガッツリな展開を妄想してました



ところで、今回のコラボでひしひし感じたのが、もはやゼミ慢の狙いは漫画による洗脳ではなく、10代の口コミ、SNS網を狙ったソーシャルメデイアマーケティング似あるようです。いかにネットでの話題をかっさらえるか、拡散してもらえるか(それこそエレン・ベーカー先生のように)を狙っているように思われる。実際、以前のゼミママが可愛いと話題になってpixivが賑わっていたことがあったし・・・(あの時入会率上がったかな?

2016セ?ミ慢.jpg
どれか当たればいーぐらいの勢いで全学年分ネット公開中!!(期間限定なのでリンクは古くなります)

それで若者に人気のカナブーンとコラボしたわけで、こーなったら思い切って人気漫画の暗殺教室監獄学園とコラボしてキワキワでありえないゼミ慢作ったらいいと思うんだ。。。

暗殺先生がマッハ20で進研ゼミプラスの良さを説明するんだ(誰も頭に入らない)

フェリシモも人気作家とのコラボをやって儲けているので、進研ゼミが人気作家に手を出すのも時間の問題かと思う。
フェリシモ「コレクション」
DMによく人気女性誌マンガ家さんのオススメマンガが載っています。

ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ