ぶっちゃけ通販アーカイブス

懐かしの通販商品の覚書と、「あの広告どうなの?」の裏側をぶっちゃけていくブログ

父の日のギフトがホントに「つまらないもの」な件

父の日ギフト・誕生日プレゼント 本格麦焼酎いつも感謝・オリジナルグラスセット メッセージカード付き
毎年この時期に思うんですが、
父の日ギフトは通販商材の代表格です
それなのに
父の日ギフトは毎年ホントに「つまらないもので」すみません、と思わされます。

 


お酒と名入りぐい飲みギフト、名前入り日本酒、オリジナル(誰の?)甚平、Yシャツセット、オンネームネクタイ。

あほか。名入りグラスなんてクソつまらんものいる人マジいるもんかね。
と本気で怒り出したくなりましたが、そう言えば今までの販売経験上でも、シルバーなおじさまがたは本当に「自分の名前入り」サービスが大好物でした。

シルバー世代も大好物の般若心経も入ってるし、オンネームもできるグラス


かなり勝手な憶測ですが、おそらく現代のシルバー世代は「オーダーメイド」がリッチで高品質という感覚がまだまだ根強いんだと思います。(オーダーメイドスーツとか、羽織とか、昔は名前の刺繍が入っているのは高級品の証でした。)

「自分だけ」「世界にひとつだけ」「自分のためだけに作られた」
という希少性に惹かれるのは、そんだけ大量消費社会や高度経済成長期や競争社会の荒波にもまれてきたバックグラウンドが強いんだとも思いますよ。

だからさ〜もーいいかげん「みんなが持っている名入り焼酎」とかで喜ばせるのはやめて、もっと「他にはない!自分だけ」のオンネームアイテムをプレゼントさしあげるべきじゃあるまいか。

その1かなり売れてるらしいセミオーダーゴルフグローブ



指定の紙に手形をとって送るとオーダーメイドのレザーグローブを作ってくれるギフト。オンネームだけでなく、通販とは相容れなかった「オーダーメイド」というサービスも叶えた半端ないアイディア精神で大成功した父の日ギフトのひとつ。

ゴルフグローブはサイズが合わない、さらに消耗品であることから、プレゼントとしても最適です。よく考案された商品ですわ。

その2緊急用持ち出し袋


オンネームとギフトの定番「非常用袋」を同時に叶えるアイディア商品ですね!?
え?これは父の日ギフトでない?いえいえ、ギフトですよギフト。え?これはオンネームではない?いえいえ、自分で買って名前入れるのってなかなか面倒なんで、人からもらえたらきっと嬉しいですよ?きっと。
さらには緊急用に名前だけじゃなく住所とかまで入るこんなアイテムまで。




この「いざというとき」の「いざ」はなんだか悲しい事態(急に倒れた?急にボケて迷子?急に事件に巻き込まれた?)しか想像できないところにギフトとしての限界を感じさせてくれますね。

最後に今年のイチオシ!

その4ナチュラル系女子でなく実はおじさんが好きそうなマウス


「世界にひとつだけの手づくり品」でありながら「デジタル家電」で「オンネーム」を融合させた奇特な商品。え?これも父の日ギフトでない。。。?しらないんですか?シルバー世代は「竹のなめらかさ」とか「木のぬくもりを家電に」とか大好物なんですよ?

ちなみに最後の商品を売ってるショップさんは「オンネームオンリー」なその名も名入れギフト・プレゼント きざむという専門店。オンネーム好き必見ですね。
 

おわります