ぶっちゃけ通販アーカイブス

懐かしの通販商品の覚書と、「あの広告どうなの?」の裏側をぶっちゃけていくブログ

勝手に通販用語一覧

f:id:kusaba1000x2:20170525172005j:plain

通販業界に起こる特有の現象を表現する言葉として登場した「勝手に通販用語」を一覧にまとめました。

ちなみにホントに使われている専門用語は何ひとつありませんのであしからず。

用語一覧からそれぞれの用語解説ページに飛ぶとより詳しい事例と裏情報を見られる仕様になっております。個々の詳細解説については用語をクリックしてそれぞれご参照ください。

※あくまでも個人的見解です。通販の業界通を気取れる保障はございませんのでご了承ください。

 勝手に通販用語一覧

あいのり

ラブワゴンに乗り込み恋愛旅行へ出発…というバラエティ番組のことではない。ヒットしたアイテムに便乗すること。二匹めのドジョウを狙うこと。

詳細はこちら 

お仲間(=類似品)

かつてムツゴロウ王国に暮らす多種多様な動物達を季節ごとに特番で紹介していた微笑ましい番組「ムツゴロウとゆかいな仲間達」とはなんの関係もない。同じコンセプトの便乗(あいのり)商品のこと。

 詳細はこちら

本家

親戚一族の中で、お家の中心となり財産・土地・技術などを継承する家系。転じて、「本家本元」は物事の全ての発祥となる大元をさす。通販商品には多くの類似品を産んだ源流となる大元商品が必ずある。

詳細はこちら

元祖

赤塚不二夫大先生のギャグ漫画アニメ「元祖天才バカボン」の「元祖」は何を指すのか一切わからないがここでは全く関係ない。通販商品には多くの類似品を産んだ源流となる元祖商品が必ずある。が、元祖とはそのことではない。

詳細はこちら

コラボ(合わせ技)

コラボレーションの略。共演、合作、共同作業のこと。合わせ技は主に柔道やプロレス用語として使われているようだ。通販の「奇跡のコラボ」はヒット商品の安易な掛け合わせのことが多い。

詳細はこちら 

シンデレラ

魔法使いのおばあさんにより一夜にして「灰かぶり」から「プリンセス」へと飛躍を遂げた少女の物語。転じて「にわかに人気や注目を浴びた新生」の代名詞として使われる。シンデレラガール。商品でも時にTVメディアや有名人の使用やSNSなどで脚光を浴びて一時的大ヒットを飛ばす変は商品がある。

詳細はこちら

正規品(正規ルート

輸入品やブランド商品の冠コピーとしてよく見かける魔法のことば。妙に真っ当なイメージを訴えかけてくる気がするが言葉の整合性がまちまち。よく言われるのは国内唯一の正規代理店との謳いで「正規品」と表記するアレ。

詳細はこちら 

並行輸入品(非正規ルート

「正規品」の対義語。要するに、非正規ルートで輸入してきた商品なのだが、正規ルート→特別なルートで入荷したので安い!などとコピーに言い換えられることが多い。近年では、転売目的でせどりが買い付けてきたデッドストック品などである場合が多い。

 詳細はこちら(外部サイト)

トンデモ科学

擬似科学。科学的な論法やメソッドを示すことで、実際に科学的な根拠を持っていないのに、整合性があるかのように見せかける科学のこと。通販商品ではしばしば商品の効果効能やメリット表記に使われる。トンデモ科学という言葉はと学会が出してる「トンデモ本の世界」という本のタイトルをまるパクして竹内 薫、茂木 健一郎が出版した名(迷)著「トンデモでも科学の世界」に由来すると言われているが、でも私的には「トンでもハップン」に由来。(古っ!!)

 詳細はこちら

フクロウ

「不苦労」とか「福朗」とか言われてよく通販商品の中に飛来する開運動物。実は通販業界にとっても「商売繁盛」「金運招来」の神モチーフである。類似の動物に金魚、たぬき、猫、蛇などがある。

詳細はこちら 

ミラクル

長嶋茂雄監督「メークドラマ」に続く新用語として登場した「メークミラクル」に由来。突拍子もない発想の商品がまぐれや時流に乗って売れたりしてしまうこと。

詳細はこちら

ムリクリ

通販会社に勤めていた頃に商品戦略を仕立て上げる際に先輩がよく使っていた言葉。ニーズやウォンツがない時に、ターゲットやウリをでっち上げることを言う。元ネタがよくわからないが若者言葉らしい。でもその先輩はいい年のオッサン。

詳細はこちら 

まるパク

売れてる商品の名前や柄やデザインやアイディアを模倣すること。違法行為となじられるが、模倣された側が訴訟を起こさないと摘発されない場合が多いので零細はギリギリのラインでまるパクを繰り返す。

詳細はこちら 

模倣品(パチモン)

広く偽物商品のこと。「海賊版」「●●もどき」「コピー商品」とも言う。法律に触れるため、国内では安易に口にできないデリケートな単語でもある。中国製と言う裏コマンドを使うと法の隙間をすり抜けることも出来るが国内では販売だけしてても違法。

詳細はこちら(外部サイト)

景表法

景品表示法のこと。商品を販売するにあたり不当な表示・景品(今では広告やサービス)が行われないよう規制することを目的に昭和37年に制定された。その頃は「巻くだけで頭が良くなるバンド」とか「寝るだけで背が高くなる枕」とかがマジでフツーに売りさばかれていた。2003年の改正を経て、公取が規制を厳しくすることが可能になったことにより、それまで横行していた「優良誤認」系通販広告が崩壊。他方ではネット通販の急速な普及により法規制を網の掻い潜る輩が多発し、通販広告界の暗黒時代に突入した。

詳細はこちら(外部サイト)

 

薬事法(現・薬機法)

医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律の略。要するに、身体に直接的に働きかける商品全般に対する規制のこと。2014年より、薬事法改薬機法と表記が変更になったが薬事のが浸透しすぎてて文字変換でも未だに薬機法と一発変換できない。国によって規定が違うため、国内の薬事法に準じてなくても輸入販売業許可を取得することで雑貨・食品扱いのものは販売できたりしてしまう。

詳細はこちら(外部サイト)