ぶっちゃけ通販アーカイブス

懐かしの通販商品の覚書と、「あの広告どうなの?」の裏側をぶっちゃけていくブログ

ジャパネット効果(用語説明)

 テレビではわからない ジャパネットたかたのすべて

通販でよく起こることを勝手に作ったキーワードとともに紹介しています。

なお、ジャパネットの高田社長は2015年頭に引退されました。

 

ジャパネット効果とは

ジャパネット高田によるインフォマーシャルの放映機会が増えることにより、当該商品だけでなく、類似商品や関連ジャンル商品の業界全体が刺激を受けて売上を伸ばす効果、およびその現象のことをジャパネット効果と呼ぶ。

 

転じて、近年よく見られる「メディアミックス」戦略により、大衆への露出を増やした結果、飛躍的に売上を伸ばす現象のこと。 もちろんジャパネットだけでなく、ショップジャパンQVC、ヒルナンデスや朝イチなんかも影響力を持っているが、単純にゴロがいいことからジャパネットを代表格とさせていただいている。

 

最近ではためしてガッテンによるガッテン効果もなかなか見逃せない


ジャパネットのおかげで売れた商品の例

[rakuten:mrmax:10077249:detail]


ショップジャパンのジャパネット効果で売れた商品の例

総通(日本直販)懐かしのジャパネット効果商品
【送料無料】チョー軽量伸縮式高枝鋏

【送料無料】チョー軽量伸縮式高枝鋏
価格:12,800円(税込、送料込)


なんでもジャパネット効果って呼ぶと何が何やらわけわからんくなるわな。

なぜジャパネット効果が得られるのか?

それまで狭い市場で展開していた商品でも、テレビの全国放映にのることによって潜在ニーズを叩き起こせるので急に売れることがある。加えて、ポテンシャルが高い商品だった場合は口コミやSNSマーケティングに後押しされてヒットする。

逆に言うと、潜在ニーズをたたきおこせない商品も多数あり、レイコップはまさにその代表であった。それが大震災の影響で機運が変わった。

 

また、本来テレビ通販に出てくる商品はすでに狭い市場でトライアルされたアイテムなので、すでに潜在ニーズがあることは証明されている場合が多い。

テレビ通販を見て「なに、あの変な商品。あんなの売れるの?」と訝る人も多いと思うが、あそこに出られるのは一部のスター商材だけなので、AKBの48に入れた人と同じくらい一握りの商品だとぜひ感じて欲しいです。


【日本直販 公式チャンネル】ペディスパプロ

 

ただ、最近では日中やってるテレビ通販の顧客のほとんどが50才代以上の高齢者なので、若者が見ても「なんじゃこりゃ」なのはいたしかたありません。

テレビの視聴者のコア層が高齢化したからいたしかたありません。

 

レイコップについてはこち

 

通販用語一覧はこちらから

2han-archives.hatenablog.jp