ぶっちゃけ通販アーカイブス

懐かしの通販商品の覚書と、「あの広告どうなの?」の裏側をぶっちゃけていくブログ

珍商品ファイル〜一瞬エロく見えるサポートクッション〜

もたれて腰ラク
もたれて腰楽クッション

 

トンでも商品ほどぶっトンでもヘンテコでもないけれど、通販でしか見受けられない特殊な商品群を紹介

まさにツッコミ所満載、これぞ通販の醍醐味!というべく妙ちきりんな世界…

今日の珍商品ファイルは「もたれて腰楽」

割れ目がなんとなくエロさを演出

アルファックス:もたれてシンク 腰楽 5192



シンクに置いて、腰の負担をラクにするための、何か、なんだろ?ウレタンフォーム。

パッと見でエロく見えるのは、つるんとした見た目がエロ雑貨に似ているため。

もちろん、シンクにもたれてエロいことするための補助用品ではありませんのであしからず。

通販向け雑貨でおなじみのメーカー株式会社アルファックスが10年くらい前に開発・発売した完全オリジナル商品。
アルファックスと言えば、浴室鏡のウロコ落とし「ダイヤモンドパッド(うろことり)」やアジャスター調整具「お直しくん」(下記)、そしてかの有名なサポーター「Dr.Departure®」シリーズ(下記)を生み出した通販雑貨業界を代表する中小メーカー(一般人は知る由もない)



最初は「こんなニッチな商品売れるのか?」と困惑気味だった市場反応も、実はしばらく経つとどこもこぞって扱うようになったスマッシュヒット商品である。理由はもちろん
類似品がなかったから。

シンクで洗い物をしていると、昔の洗い場は低いものが多かったので、よく腰が痛くなりましたよね〜。そんな中高年層の腰の痛みを軽減するために生まれた、まっとこ善意を形にしたような人に優しいアイテムがこの「もたれて腰楽」なんですってさ。
しかし、平均身長が上がり、シンクの高さも腰より高いものが多くなった昨今では虫の息になってきたので、古き良き時代を懐古してみたくなったまでだ。(補足・2014年1月にスマステーションで紹介されたらしいです)


こちらが現況イキてる新型タイプ。現行名は「もたれてシンク」と言うらしい。
値段も当初は3000円(税抜)だったのが、デフレの波にのまれて安価に。


ウリとしては、
8.5cmまでのふち幅のシンクに挟めます。(むしろデメリットでは??)
水に濡れてもサッと拭き取れる素材です。
もたれても、型くずれしないし、おなかもシンクに食い込まなくなりラク〜。
背が高い人、シンクの高さが低すぎる人にお勧め!!(合ってる人には全く無用)


デメリットとしては
シンク下の引き出しや扉が開けられなくなる。
そのため流し台に立つたびに取付けたり外したりの手間が!!
そのため、置き場に大変困り、床に置いとこーものなら設置する時にいちいちかがんで持ち上げて腰にも負担が!!本末転倒!
背が高い人、シンクの高さが低すぎる人は作業台も低いのでなんとかしたいが、シンクにしか使えない!!!(幅8.5cmまでだから)

アルファックスさんの商品はどれもそうなんですが、さきほども触れたように「需要はありそうだが、ニッチすぎる、類似品のない商品」で細かく当てていく戦略の商材。広いマーケットの隙間に働きかけてくのに最適な通販業態で成功していくセオリーにのっとっている。

しかし、このセオリーは常に「隙間ニーズは、時代経過とともに解消されていく悩み系が多い」という使命を背負っている。

この商品は、そういった悲しい運命をたどった商品達の象徴なのである。


でも、まだ低いシンクはあるのだから、母の日にプレゼントしてもいいかもしれない。

アルファックスさんの楽天店舗はこちらから

ちなみに本当にエロいクッションはこちら